ウズベク人はダンスが好き

2011年か・・・ 2012年の冬にウズベキスタンに行ったとき、 ブハラのダンサ-の子たちが通っている学校の発表会に 連れて行ってもらったことがあります。 その学校は音楽や舞踊の学校のようで、 ピアノや歌、ダンスの発表をしていました。 私的には、 知っている子(ダンサ-)たちの 出番はもちろん贔屓目に見てしまいますが・・・ 歌や演奏よりも 圧倒的に!! ダンスのときの声援、拍手が多く 驚きました。 と同時に、 「やっぱりダンスいいよね☆」 と内心思ってしまいました。 ダンスだけ、とにかく ものすごい歓声で 私は観客だけどすごく嬉しかった。

ツギイキマス

昨日の東京レッスンもたくさんの方にお集まりいただきました。 レッスンが結構ハードなようで(笑)、 真夏のようにみなさんたくさん汗をかいていました。 来月の東京スクールは 12月17日(日) オールレベルクラス 14:00〜15:20 スタジオピアーチェ 四ツ谷ピッコロ店です。 来年のイベントに向けて リハーサルも始めたいと思います! お問い合わせ、ご予約お待ちしてます。 こちらよりご連絡ください。 昨日は、ウズベキスタン大使館の方にスク-ルにお越しいただき、 ご挨拶をいただく予定でしたが、ご多忙のため、お忘れになったようです・・・。笑 帰りに、連絡を取り合いましたが、 「デンワシテヨ-!!ゴメンナサイ、イソガシクテワスレテタ・・・ ナゼデンワシナカッタ!!?? ツギイキマス!」と・・・。 なぜって・・・ 先週話したばかりだから覚えてるかな-と思って・・・(*´з`) たくさんの生徒が通ってウズベクダンスを勉強していることがとても嬉しいようです。 次回・・・ 来るかな。(;・∀・)?

大使館の中で・・・

ウズベキスタン大使館の中でイベントを開催致します。 ●ウズベキスタンについてのお話 ●旅行説明 ●ウズベクダンスショ- ●ウズベク料理 がお楽しみいただけます。 ウズベキスタンにご旅行を考えている方 ウズベク料理を食べてみたい方 ウズベキスタンをもっとよく知りたい方、 ウズベクダンスを見てみたい方 大使館に入ってみたいという方 普段なかなか入ることができないので、 見学も兼ねて?( *´艸`) ぜひこの機会にぜひお申込みください。 先着35名様です。 12月15日(金)18:00-20:00 (受付17:30-) 参加費3500円(当日お釣りのないようにお願い致します。) 事前予約制となっております。 氏名、住所、年齢、携帯番号 のご連絡をお願い致します。 ご予約はこちら。 先日のイベントの帰りに、 大使館の方と打ち合わせをしていろいろ決めました。 3~4時間くらい話していたかな。 彼とは2014年から一緒に仕事をさせていただいているのですが・・・ いつもいろんなことで言い合い?になってしまい、 それを聞いている元ディレクタ-は、 「兄弟喧嘩みたいだ」と隣で笑っていましたが、 すかさず彼はディレクタ-に「お父さんだね」と・・・。 なんじゃそりゃ笑 3人で笑いました。 イベントがうまく行くように頑張りたいと思います。

深く踊ること

あの踊りやりたい!! この踊りやりたい!! と思うことはみんなあると思います。 私の場合、もちろん憧れの作品はありますが、 結構マイナス思考(笑)なところもあって、 「あれは私には無理だ・・・」 と思うことの方が多いかも・・笑 でもあれこれいろんな踊りをちょっとずつ! 広く浅くというのもいいかもしれませんが、 1つの踊りを深く踊ることもとても大事だと思います。 何度も練習して、 何度も舞台に立って踊りこなせるようになると 味が出てくるというか・・・ 表情や表現なども磨きながら。 最初の踊りをクリアしてないと できない踊りもたくさんあるかな・・・。 できない動きをそのままにしておくと、 次の作品もきちんと踊ることができません。 逆にクリアすれば、 他の作品もよくなることもあります。 指導者の立場からすると、 この動き、表現などをクリアしてないから この踊りはまだ無理かな?と判断することもありますし、 もちろん、この動き、表現をクリアしてるから この踊りが合うかな?と思うこともあります。 期待も込めて。 いずれにしろ、 たくさん練習して 「これならだれにも負けない!」 という作品を1つ作っておくといいですね。

お写真いただきました。

先日の東京タワ-文化フェスティバルのお写真いただきました。 3割増しくらいで写ってるかしら・・?笑 プロカメラマンのお写真なんですが、 送ってくれるときは、多分キラキラ入れたり美肌効果? など加工してくれているようです。 しかし、 写真を見るとついつい、 「揃ってない!!」と思ってしまいます・・・。 (もちろん自分も含めてですが) ついさっきも生徒たちにも写真を送りつつ 軽くダメだししたところです。 終わったんだからもういいじゃないか-とも思いますが、 写真はいい教材になります( *´艸`) とりあえず、 終わってほっと一安心してる写真です。 イベント写真のぺ-ジもご覧ください。

大人の弱点は?

前回の続き? になりますが・・・ 若い子は人生経験が少ない分、 大人より 「素直な気持ち」「純粋な気持ち」 で受け取ることができると思います。 自分も含め、 大人の弱点はそこだと思います。 いろんな経験、知識が邪魔になることもあるかなと・・・。 新しいことを習うときは、 まっさらにして 「素直な気持ち」 で習うことが大事だと思います。 そして 考えながら練習すること。

どちらがいいかな?

若い子は振り覚えが良くていいな-と 思ったことはありませんか? 若い子じゃなくても、 振り覚えのいい人を羨ましいな-と思うことありませんか? 個人差もありますが、 子供のころからやっている子は比較的早いかな?と思います。 私は大人になってからダンスを始めたため、 振り付け以外にも 勉強することが多く、一時とても苦労しました。 だから、 苦労したり、もがいたり、必死に、ひたむきに、 頑張る大人は、 とても共感できて、応援したいと思います。 多ジャンルにわたり 年上の生徒も多く、 「覚えが悪くてごめんなさいね-」 とか 「先生のようにできなくてごめんなさいね-」 という方も多いです。 そりゃ-覚えがいいに越したことはないですが、 私は、 振り覚えの速さでは勝負しないので、 覚えの早い、遅いは、 特になんとも思いません。 覚えのいい人は忘れるのも早いものだし、 苦労して覚えた分、ずっと覚えているものだし。 どちらがいいかわかりません。 若い子は人生経験が少ない分、 吸収する余裕があるだけだと思うし、 大人はそれなりにいろんな人生経験やさまざまな知識があるため、 新しいことを詰め込むのに、少し時間がかかるだけ。 そんな風に思います。 そして量より質。 大人はそれかな。

素直な子たち!?

時々、ウズベキスタン大使館の方に 「前いた水戸の生徒たちどこ行った?」 と聞かれることがあります。 以前の教え子たちは、 学生の子が多く、 就職やら、県外へ進学やら それぞれの道に進みました。 と何度も答えていますが 信じたくないのか・・・(;・∀・) 彼の中ではなかなか更新されないようです。(笑) 「わたしが水戸に行って(彼女たちがまたウズベクダンスをやるように) 説得する!!」とか言い出したり・・・。 彼女たちは、もともとウズベクダンス希望の生徒ではなく 長年バレエやジャズダンスなどさまざま なダンスを一緒に踊ってきた子たちでした。 当時、再入会した子もいたので ウズベクダンスは2~3ヶ月程度しかやっていない子もいましたが 彼を含め、観客にはとても揃っているように見えたようです。 おそらく、長い時間一緒にダンスレッスンを受けたり 一緒に過ごす時間も長かったため、 気が揃うのかな・・・? 踊りだけではなく、考え方や価値観?のようなものも含め 似てくるのかなと思います。 同じ振り付けを踊っていても、 気がバラバラだと、統一感を出すのはなかなか難しいものです。 ウズベクダンスに限らず! ですが、 目標や向かっている方向が違うと 統一感はなかなか出ないのかな-と改めて 感じました。 な-んて・・・ レッスン中 「私に動きに合わせて!!」 「自分勝手に踊らないで!!」 「目線、顔の向きが違う!」 と何度もしつこく私に怒られたから揃わざるを得なかったのかも・・・ 私よりずっと若い子たちだったので、 いろんな面で 素直に? 仕方なく? 私の言うことを聞いてくれたんでしょうかね。(・・?

大成功☆

東京タワー文化フェスティバルにお越しいただき ありがとうございました。 展望台会場、地下ホールともに 満席で立ち見の方も多い中 ウズベキスタンの文化紹介をすることができて良かったです。 拍手も多く好評だったかなと思います🙌 そして、 関係者のみなさま、 本当にありがとうございました。

私の敵!ライバルは!?

私の敵は、とりあえず・・・ 過去の自分です。笑 ひたすら練習しまくっていた頃の自分を最近よく思い出します。 ウズベクダンスの練習ももちろんしますが、 やはり体を作るためには、 バレエが欠かせません。 (ウズベキスタンでナンバ-ワンのウズベクダンサ-は、バレリ-ナを目指していたから 一番になれたのかなと思いますし。) バレエをさぼると体がゆるんで、すぐに醜くい体になるし、 だからといって細いからいいというわけでもありません。 細くて強い筋肉! それが私の理想です。 初心に戻って、基本をまたしっかりやろうと思いましたが・・・ バレエの順番が覚えられない( ̄ー ̄) この教科書は、練習方法とかではなく、 バレエの訓練のためのコンビネ-ションの順番が書かれただけのものです。 以前はちょっと見たら、すぐ覚えられるくらい、 というよりバ-レッスンなら、 教科書を見なくても音楽をかけただけで いろんなパタ-ン動けたのに・・・。 スモ-ルアダ-ジョ・・・ 2ぺ-ジもあるなんて。 スモ-ルならもっと短くていいじゃない? と思ってしまう・・・ ライバル、ほかの人にしようかな・・・( ̄ー ̄) あ、でも!! ウズベキスタンには、憧れのダンサ-はたくさんいます☆ ため息が出ちゃう・・・ 初心に戻ってコツコツ頑張るしかない。

私のダンスノ-ト

過去のダンスノ-トを 見ると内容はバレエばかり・・・。 ダンスは、 バレエが基本となるので しかも私は大人になってからダンスやバレエを始めたので、 集中してバレエをたくさん勉強しました。 レッスンを受けたあとは、必ずメモしていました。 私は、 頭もよくないし、覚えも悪いし、不器用なので。笑 注意されたこと そのテクニックのやり方、 そのレッスンで先生が言ったこと を可能な限り、すべてを書くようにしていました。 そしてそのノ-トを見ながら何度も練習しました。 まず、 バレエはフランス語ですから、 言葉を覚えないとレッスンについていけないし・・・。 先生に何度も同じことを言わせるのは申し訳ないし、 次回のレッスンまでに、少しでも改善できるよう、 注意されたこと、自分に足りない点 など取りこぼしのないよう書いてひたすら練習しました。 努力!努力!!努力!!! 超努力です。笑 今まで、いろんな生徒を見てきましたが、 中には 1~2回動いてうまくいかないと、できない!とすぐ投げ出してしまう人や、 その場でできないとすぐ落ち込んでしまう人? なども時々いました。 「それはできないからやるんだし、 やったことないからできないのは当たり前だし、 そのためにどれくらい努力をしたの?」 な-んて!! 自分ができないことにぶちあたったときはそんな風に思います。 でも人それぞれ目的は違うでしょうし、 他人と比べてしまったりいろんな感情が複雑に入り混じるもんだから仕方ないですが・・・。 逆に自分に自信がある人こそ、できないと落ち込むものだと思うので、 できないことを素直に認めて、 そのまま自分を信じて練

踊りに性格が出る!?

昨日はスポ-ツジムで、 ジャズやバレエのレッスンでしたが、 バレエの時間に、アサンブレというジャンプの練習をしました。 このジャンプは、タイミングをつかめばできるようになるかなと思いますが、 練習している姿を見て、 「やはりダンスは性格が出るな-( *´艸`)」 と思ってしまい、 ついつい、 「これせっかちな人はだめですよ-(うまくいきませんよ-)」 と言ったら、 思い当たる方もいたようでみなさん笑っていました。 そうなんです。 ダンスには性格が出るんです。 以前も書いたと思いますが・・・ 気の強さや真面目さ、せっかちさん、マイぺ-スさん 緊張タイプ、頑固なタイプ・・・などなど。 それが良いとか悪いとかではなくて。 でもうまくいかないテクニックや踊り方は、 経験不足ということももちろんありますが、 性格を変えないとできない動きもあると思います。 性格を変えるってなかなか難しいけど、 それを自覚して、 普段から意識的に気を付けるとか、 いつもの自分の性格なら普段こんなことはしないけど、 やってみようかなとか・・・ 日頃からの小さな努力がつながっていくんじゃないかなと思います。 技術練習は大前提ですが!!(^^; 私はダンスを始めたころ 師に 「踊り方見ると、多分気難しいよね-」 って言われたっけ・・・。( ̄ー ̄) 確かにそうかもしれません。笑 その性格のせいで生徒たちも含め、 周りの方にはご迷惑をおかけしていることも多いと思いますが・・・笑 ダンスの指導には、その性格がだいぶ役立っていると思うので、 お許しくださ-い(´з`)

来年も忙しくなりそうです

あちこちからお問合せ、ご予約をいただき、 来年のイベントも続々と決まってきました。 忙しくなりそうです(^^) ありがたや~ やりたかったけど、できなかったイベントや作品など 来年こそは実現できるといいなと思います(≧▽≦)

11月11日(土)は東京タワ-にお越しください☆

11月11日(土)は 今週の土曜日です!! ぜひ東京タワーにお越しください。 ウズベキスタンは、 ●展望台会場 (13:45~) ●東京タワーホール (15:15~) の2ヶ所で披露致します。 ぜひお越しください! ●私たちのウズベクダンスの他、 ●ウズベク人の女の子のダンスや ●ウズベキスタン大使館の文化担当官の方によるウズベキスタンのご紹介、 ●ドイラ演奏もございます! 日本の楽器との 初のコラボ演奏もお楽しみいただけます。 そして、 東京スクール生も出演致します。 ぜひお越しください! ウズベキスタンだけではなく、 さまざな国の文化のご紹介 もあります。 みなさまのお越しをお待ちしております(≧▽≦) ウズベギムのためにチラシを作ってくださった デザイナ-の小原勝敏さんありがとうございました。

ウズベキスタンのテレビ

9月にホテルオ-クラで開催された ウズベキスタン独立記念レセプションの様子が ウズベキスタンのテレビで流れたようです。 帰省中のウズベク人のお友達が 「元気?さっきウズベキスタンのテレビで見たよ- (ダンスが)上手だね!」 とビデオを送ってくれました。 踊るのは平気だけど なんだかインタビュ-は恥ずかしいな・・・笑 そしてウズのインタビューはいつも突然🎤😂 質問内容は忘れてしまいましたが、というより ウズの場合、1つ2つ質問してきて、 あとは適当になんでもいいから話してください! とかそんな感じなので 確か・・・ 「女性らしい踊りを探していて、インタ-ネットでウズベクダンスを見つけて 衣装も踊りもとっても綺麗だな-と思い、すぐにウズベキスタンに習いに行きました。 初めて行ったときは、体調を崩してしまい、良いイメ-ジがなかったけど、 帰国後もっともっと勉強したいと思い、その数か月後また習いに行きました。 日本でウズベクダンスをたくさんの方に知ってもらえるよう広めています」 的なことをお話ししたと思いますが・・・ よ-く聞いてみるとなんだか私が話したことと違う気がして、 他のウズベク人にも聞いてみたら、 私が話したこととは、違う訳になっているとか・・・。笑 まったく言っていないキ-ワ-ドもでてきていて、 誰かの仕業か!!?笑 ひどすぎる!!泣 と、一瞬思いましたが・・・ もしかしたら、 別なイベントで、ほかの方がインタビュ-に答えたのに 使われた映像はなぜか私(;・∀・) 多分・・・ いや!!絶対そうだ!笑 だってウズ語で、 サマルカンドチャとか言ってるけど、 サマルカンドに

新しい記事
アーカイブ
タ  グ