新しい記事

Munajot ムナジョート フェルガナスタイル

 連日の更新が続いています(笑)、そのうちピタッと静かになります。

今日はウズベクダンスの代表的な古典舞踊作品「ムナジョート」をご紹介します。

 R.karimovaという人の「ダンスアンサンブル バホール」という著作によると、ウズベク舞踊は、大衆舞踊と古典舞踊に大別されます。

そして同じく古典舞踊の名作とされる「タナヴァール」が舞踊詩と呼ばれるのに対して、「ムナジョート」はダンスモノローグと呼ばれます。

モノローグといわれるぐらいですから、この作品はリリカルな夢見る乙女の心情を描いています。

悲しい恋をしている乙女が、夢の中で恋人にめぐり会えて歓喜し、しかしそれが夢だとわかると、悲しみのあまり短剣を自らの胸に刺して終わる悲劇的な結末!よくありそうな、しかしラジカルなストーリーです(笑)

 しかしメドレセなどでのダンスショーでは、結末はソフトにされ、ダンサーは明るい顔で演技を終える(笑)。悲しい雰囲気はあそこではセーブされます。

主としてヨーロッパからの団体観光客の前でははじける彼女たちも、劇場のステージでは悲劇のヒロインを演じます(笑)

アーカイブ
タ  グ