新しい記事

どっちがウズベク人?

先日の東京レッスンのあと、在日のウズベク人よりお茶のお誘いをいただきました。

「ウズベクダンスして、あ--!お腹すいた-!!」

と大きなひとりごとを言い、

しっかりご飯をごちそうになりました。

だって、その日は二度寝して寝坊してしまい、

おにぎり一個しか食べられなかったんだもん・・・

私は、たとえメイク時間がなくても、体調が優れなくても、

365日朝ご飯食べます(´ー`)

彼は、私が初めてブハラに行ったときに(2011年)

一度だけお会いしたことがありましたが、ご挨拶程度でした。

それ以降は、私の活動をフェイスブックなどでよく見てくれているようでした。

食事を頼んで待っている間も、

「疲れている?」と心配そうに何度か聞かれました。

というのも、

私のダンス写真を見ると、

「とっても元気でよくしゃべるような人」

に見えるらしく・・・

( ̄▽ ̄)

「会うと、とても落ち着いてて、静かな人」と・・・。

でも、そんな時間も束の間・・・?

私のウズベクダンスの活動や、ウズベクダンスへの思い、きっかけ

など熱く語り3時間くらいあっという間に経ってました。

話ながらだけど、ご飯も彼より食べましたし。

最初のイメージ通りになってしまったかしら・・・?( ̄ー ̄)

「今日はありがとう。とっても楽しかった。また機会があれば

お茶しましょう」 (ご飯しましょう!と書きたかったけど・・・)

と私がメッセ-ジを入れると、

「愛子さん、今日はお会いできて本当に嬉しかった。

愛子さんのしていることは本当に感動しました。

またぜひお会いしたいと思っています。

次回はレッスンに遊びに行きたいと思います。

これから10月に一時帰国をしたいと思い・・・

(彼の今後の予定が具体的に書かれており)

東京に行くチャンスができると思います。

そのときかウズベキスタンにいる間にお会いしたいです。

今日は一緒に写真を撮れなかったことが

残念です。次は是非撮りましょう。」

・・・。

どっちがウズベク人なんだかわからない( ̄ー ̄)

本当に素晴らしい日本語!!

また会えるといいですね!

アーカイブ
タ  グ