新しい記事

ウズベクダンスのターンテクニック①

さて、胡旋舞とも呼ばれるウズベク舞踊はどんな踊りかというと… 地方によって異なり、大きく分けて3つのスタイルがあります。 ウズベク舞踊の基本となるフェルガナスタイル。 リズミカルで、力強くアクロバティックなブハラスタイル。 手足の骨が折れたようにヒラヒラさせながらコミカルに踊るホレズムスタイル。 いずれも様々な種類のターンが入っています。 よって現地ダンサーはターンを中心に練習しています。 私は数ヵ所かの舞踊団にお世話になったので、合計40~50種類近くのターンのバリエーションを習得できました! 練習風景を見ていると、これぞ、胡旋舞!!という感じです(^-^) とても素敵。 私たちの練習にももちろん取り入れています。 ウズベク舞踊に限りませんが、やはり体の軸がしっかりしているダンサーはターンも安定していますし、腕使いも変わってきます。 日本人にとってウズベク舞踊はまだ珍しいため、先日のレセプションのときも衣装を着てウロウロしているだけで、一緒に写真撮ってください、とか素敵でした!と声をかけていただきました(^-^) これで踊れなかったら詐欺ですね(笑) しかし、衣装を着る前の、レッスン着でのリハーサルを見ていた多くのウズベク人たちに、私たちのウズベク舞踊を認めてもらえたことが本当に本当にびっくりで、とても嬉しかったです!! 時間が許す限り研究して行きたいと思います!

アーカイブ
タ  グ